事業紹介

business

ソーシャルインキュベーションラボ

大学等が立地していない地方自治体において、大学コンソーシアムや企業コンソーシアムを形成し、地域住民と都市部の企業、域外の大学生とが学びを通じて交流し、地域課題の解消を目的としたビジネスモデルを生み出すことを目的に設置されるのが、 GAROOが推進するソーシャルインキュベーションラボです。ソーシャルインキュベーションラボの設置を通じて、地方の稼働率の低いハコモノ施設の利活用を推進しています。

ソーシャルインキュベーションラボは、大学連携型と企業主導型の2つがあり、地域内外との交流促進を通じて地域住民の知的好奇心を加速させます。
実施例としては、地域課題の解消を目的としたビジネスプランを企画、協働体制の構築や運営のサポート、そして地域の子供達に学びと交流、共創の機会を提供しています。

大学連携型

ソーシャルインキュベーションラボから1時間圏内に大学がある場合に、地元の大学生と都市部の企業、地域住民との協働体制を構築します。 GAROOが推進するソーシャルインキュベーションラボです。ソーシャルインキュベーションラボの設置を通じて、地方の稼働率の低いハコモノ施設の利活用を推進しています。

企業主導型

複数の企業が連携し、特定の分野に関する人材育成や共同研究を目的に過疎地域の遊休施設を転用し、施設整備を行うことで、都市と地方の交流を促進します。 また新規に施設を設置した場合、飲食スペースやワーケーションスペース等の一部空間は地域に開放し、地域の交流拠点や学習拠点として地域住民の暮らしを支えます。

これまでの研究テーマの例

  • 魅力ある地場産品の開発と販路拡大
  • ふるさと納税の活性化
  • 外国人労働者の受入環境の整備による人手不足の解消
  • 企業誘致を通じた魅力的な働き場所の確保
  • 地域の実情に応じた婚活プログラムの推進
  • 魅力ある子育て環境
  • 教育環境の整備

地域課題の代表的分野

  • 観光
    インバウンド需要(海外・ワーケーション)をどう取り込み地域の経済基盤を強化するか?
  • 環境
    地域資源の再資源化(ごみの減量化・CO2削減)を推進し、SDGs対応をするか?
  • 農業
    農地の保全と後継者の育成(持続可能な農業経営を実現する)をどの様に推進するか?
  • 教育
    居住地域や所得による教育格差を無くし、どの様に質の高い学びの場を提供するか。
  • 健康
    健康寿命を延伸し、医療介護の保険財政をどのように健全化するか。
  • DX+人
    ICTの活用を通じて、様々な分野の生産性を向上させ、どの様に豊かな暮らしに貢献するか。

事業効果

  • 関係人口の創出
  • 雇用創出
  • 人口流出の防止:仕事と雇用の維持・創出につながることで、地元を離れずに就業できる機会が増え、人口流出を防ぐことができる。
  • ワークライフバランス/女性活躍の機会創出
  • 移住定住促進:雇用の創出、リモートワーク環境を整えることで、新しい価値が生まれ、都市圏からの移住促進につながる。
  • 新しい観光スタイル:ワーケーションの促進。
  • 地域産業促進:大学や都市圏の企業との連携によりイノベーションの機会創出
  • 自立支援
  • 新規販路の開拓

その他の事業

株式会社GAROOは、青山学院大学ヒューマン・イノベーション・コンサルティング株式会社のパートナーコンサルタントとなり、共に活動をしています。

GAROOにお問合せ
ご興味のある方は、お問い合わせフォームより
問い合わせください。
メールでのご相談・ご質問はお問い合わせフォームをご活用ください。